元松茂樹公式ウェブサイト

元松茂樹からのメッセージ

 

熊本地震の発生から間もなく2年になります。甚大な被害を受けた宇土市にとっての最大の課題は震災からの復旧・復興です。今なお被災によりやむを得ず仮住まいをされている方が1000名に上ります。事業所や施設が被災して仕事に大きな支障が生じている方も多く、また道路や河川、公共施設等の復旧も時間が掛かっています。一日も早く元の姿の戻すことが、被災時の市長であった私に課せられた最大の使命だと思っています。

もちろん宇土市の課題はこの震災復旧だけではありません。10年後20年後を見据えて、「宇土に住み続けたい」「宇土に住んでみたい」「宇土に戻りたい」と思っていただけるようナンバーワンにはならずともオンリーワンだと誇れるまちづくりを並行して進めなければなりません。

宇土市は合併をしていないこともあり財政的にもゆとりはありません。その上に熊本地震において甚大な被害を受けており危機的な状況と言えます。こんな今だからこそ、市民の皆様と共に知恵を絞り、お力をお借りして、市民と行政が一体となって踏ん張っていくしかありません。

今年は市制施行60周年の記念すべき年に当たります。宇土市になって60年で最大のピンチをチャンスに変えて、目指すは「早期の創造的復興」と「未来につながるまちづくり」。

進取敢為の精神をモットーに、引き続き市政運営を担わせて頂くべく3期目の市長挑戦を決意しました。

     

このページのトップへ
Copyright(C) Shigeki Motomatsu,All rights reserved.